160702 サガン鳥栖 v FC東京

2016-07-02 サガン鳥栖 v FC東京

いやぁー。絶対にやっていはいけない試合ですね。
ブログ再開に向け幸先が良いなぁーと思ってたらアディショナルの1分で逆転。
まぁ、こうやって油断した私みたいなくそサポーターのせいでもあるのかもしれませんね。。。。。orz

 
私は学生の頃、剣道やってたんですが、
1本先取した後の2本取られての逆転って監督にフルボッコされるの確定な展開ですよ。w

 
浦和戦もあった後ですから、選手交代に色々文句ある人もいると思いますが、
僕は交代が間違ってたとは思いません。

ただ、交代の意図を監督と選手が意思統一できてなかったんじゃないかなぁとは思います。
攻めてクローズするのか、守ってクローズするのか、回してクローズするのか。
こういうところからの判断だと交代は間違ってたのかもしれませんがね。。。

時間を使おうって思ってたのムリキだけじゃないですかね?タメを作ってくれてましたし。

他の選手は無駄にロングフィードして相手にボール渡したり、ファール受けてもすぐに起き上がったり。。。
クリーンなのは素晴らしいですが、勝負師だったらもっと勝利にこだわった対応をしても良いんじゃないかと思いますが。。。

「まだ起きるな!」

とか叫んじゃいましたよ。w

 
試合後に電車に乗ってくる浦和サポがまじ嫌だった。
なんでこんな試合展開の後に一番会いたくないやつらが現れるのか。w

今季の東京は何かもが「持ってない」のかもしれない。。。

Pocket

ブログ再開

ブログを停止していたのですが、セカンドステージスタートを機に再開します。
まぁ、なぜ停止してたかというとネット(主にtwitter)でのフロント・監督批判がひどすぎる。

ネットってこういうの嫌だよなぁーとか思ったらブログを書く気もなくなってしまいましたが、
ネットを仕事にしている僕としては心折れずに書こうかと思い再開しました。w

というか、きっと今批判してるやつらって2014年の前半もマッシモ批判してた人たちなんだろうな。
とか、
マッシモ擁護してる人たちって、諫早での天皇杯延長時の円陣を見てないんだろうなぁとか。

延長後半に入る時、広島はベンチ前で森保を中心に円陣を組んでいましたが、
東京はベンチに戻らず自軍のゴールあたりで選手だけで円陣組んでた時に来年マッシモはないんだろうなぁって思いましたけど。

なんでもかんでも、フロントや監督を批判するのではなく、物事を多角的に見て発してほしいものですね。

自由だといえば自由ですが、バカ丸出しな感じが恥ずかしいし、見苦しい。

まぁ、そんなこんなで生ぬるいブログを再開いたします。

あっ、それと今年からお手伝いしていることもあり、東京23FCという関東一部リーグに所属しているチームのファンにもなっています。
いける試合はなるべく行くようにしてそちらのブログも書けたらと思います。

ではでは。

Pocket

加部未蘭のゴール。東京23FC v 流通経済大学FC

東京23FC 1 – 0 流通経済大学FC

87分 MF 29 加部 未蘭

試合はこちらより

関東サッカーリーグ1部前期3節、東京23FCは流通経済大学FCとゼットエーオリプリスタジアムで対戦した。

快勝した前節の勢いを維持すべく、同じスターティングメンバーで挑んだが、
手数をかけずDFラインの前にボールを送ってくる相手の戦術に苦戦しなかなかリズムを作れない。
そんな中、25分、6伊藤の縦パスからの展開でこぼれた所を10山本が拾い、裏へのパス、14齋藤がぬけ出すがオフサイドの判定。
27分、相手のロングフィードに対して15岡がヘディングで不用意なバックパス。
相手に取られループシュートを打たれるがギリギリ外れる。
35分スローインから、10山本がクロスを上げると、14齋藤が美しいボレーを放つがゴールの枠は捉えなかった。
シュート2本のみと、なかなか東京23FCらしいサッカーができず前半終了。

後半開始から時間がたつにつれ、徐々にペースを掴み始める。
64分、18小山が仕掛けから右足でクロス。ファーに走りこんだ10山本がダイレクトボレーを打つが相手キーパーのファインセーブ。
これで得たコーナーを7吉田が蹴ると6伊藤がドンピシャのヘッド、相手キーパーがまさかの連続ファインセーブ。
連続のビックチャンスを得点につながられなかった。
66分、5伊東スライディング試みた際、足を痛めてしまい交代を余儀なくされるアクシデント。
嫌なムードが漂う中87分、負傷した5伊東に代わって入った19藤田のクロスを29加部が体ごと突っ込むシュートで値千金のゴール!
そのまま足を攣らせる心のこもったゴールにサポーターも歓喜。
その後、相手をうまくいなし試合終了。2連勝で次節、FC KOREAに挑むことになった。

Pocket

今季最低の試合 東京 v 全北

2016-04-20-17.55.26

そういえば、川崎戦のブログ書いていませんね。。
もちろんスタジアムに行きましたが。。結果は…。

まぁ、色々意見はあると思いますが、僕としては川崎戦。
今季のベストゲームだったと思ってます。東京のね。(今んとこ)

段々チームになってきたなぁーという印象だったので全北戦は非常に楽しみでした。

で。。。。全北戦はというと。。。。。。。。。。。。
 
 
んー。
正直、何も言うことないですねぇ。
ドン底ってやつでしょうか。

間違いなく、今季最低の試合です。
というかこの試合が今季最低の試合だったと今年の後半に言える状況でいたいですね。w
これ以上ひどい試合したら泣きますよ。まじで。w

なぜ東はフル出場だったのでしょうかね。
彼、今季異常に運動量少なくないっすか?
ボールを持ったら判断が遅く、攻撃のスピードを落とすし、囲まれるし、倒れて奪われるし。。走れないし。。

水沼じゃなくて東じゃなかったのかなぁ。交代は。

水沼も毎回ハーフタイムに交代させられると心折れちゃいますよ。。

んで思ったんだけど、モリゲ、ハ・デソン、阿部拓馬の三人の誰かでも欠けると勝てる気がしない。。orz

次節はもうすぐです。
前を向いて歩くしかないですね。

Pocket

キャプテンかっこいい。東京23FC v tonan前橋

東京23FC 4 – 1 tonan前橋

1分 MF  9 飯島 秀教
8分 MF 10 山本 恭平(PK)
20分 MF  9 飯島 秀教
33分 MF  7 吉田 正樹
76分 tonan前橋

試合はこちらより

江戸陸で行われた開幕戦からスタメンを3人入れ替えて今節に臨んだ東京23FC。
立ち上がりから積極的に仕掛けると試合開始直後の1分、29加部からのマイナスのパスが18小山へ渡ると強引にクロス。9飯島が抜け出し電光石火のゴール。

その後も早いテンポで攻守が切り替わる展開の中、8分、またも18小山のクロスからゴールが決まる。

スローインから細かくパスを繋ぎ18小山が抜け出しクロス、相手ディフェンスがクリアにもたつく中、8渡邉がボールを奪いに行った所で足を掛けられPKを得る。
それを10山本が落ち着いてゴールを決め、2-0へ。

その後も小気味好いパス回しで攻め続け、19分、15岡の目が覚めるような素晴らしいロングフィードから9飯島のチャンスが生まれるが惜しくもゴールポストに嫌われる。
だがその1分後の20分、前節ゴールを決めた14齋藤の折り返しにまたもや9飯島がシュート。この試合2得点目となるゴールで3-0と突き放す。

それでも、「まだ足りない」というサポーターの声がスタンドから聞こえたが、それに応えるかのように33分、14齋藤のヘッドでの折り返しをディフェンスがクリア、そのこぼれ玉をこの日32歳となる誕生日を迎えたキャプテン7吉田が美しいノートラップボレーでバースデーゴール!前半だけで4-0を奪う。

後半になってややペースダウンしたものの、相手の反撃を1点に抑えて、4-1で試合終了。
前半にゴールを畳みかけた東京23FCが4-1で勝利。

前節の鬱憤を晴らすような内容に試合終了後、選手たち勝利のラインダンス。
次節、流通経済大学FC戦もこの勢いのままに突き進んで行きたい。

Pocket

関東社会人サッカーリーグ1部開幕 東京23FC v さいたまSC

東京23FC 1 – 1 さいたまSC

13分 FW 14 齋藤 翔太
39分 さいたまSC

試合はこちらより

2016年リーグ開幕戦である今節。東京23FCはホームの江戸川区陸上競技場でさいたまSCと対戦した。

あいにくのピッチコンディションにより、持ち前の中盤の繋ぎがうまく行かない展開に対して羽中田監督は中盤を省略し、前線へロングフィードを送る戦術に変更。パワープレーで相手に挑む。

そんな中、そのピッチコンディションが味方につく。
13分、山本の右サイドからのロングフィードに対し、相手ディフェンスがもたついている所を今季町田ゼルビアからレンタル移籍してきた齋藤が見逃さずボールを奪いシュート、ゴール右端に突き刺さる。
移籍後、リーグ初出場、初シュート、初ゴールと初づくしのゴールで東京23FCが先制点を上げる。

その後、MF吉田を中心に立て続けに相手ゴールに迫るが得点までは行かない展開が続く。
そうすると、さいたまSCも息を吹き返し始め、徐々に相手ペースになってくる。

そんな中、36分、相手のアーリークロスに対してさいたまSCの選手2名、太、吉田、の4選手が交差する形でルーズボールに。
これを太が取りに行った所、主審の笛がなり、相手選手を倒したという判定でPK献上、落ち着いて決められ失点。前半を1-1で折り返す。

後半開始から新加入の加部を投入するが戦況は変わらず膠着状態が続く。61分に岡、77分に井関と交代カードを切り、徐々にゴールに近づいていくが、決めきれず試合終了。勝ち点1を分け合うこととなった。

Pocket

判断が遅い!柏 v 東京

2016-04-10-17_1

2016-04-10-18_2

スカパーで振り返ろうと思ってたんですが、業務が忙しくできていません。

この試合で拳人は2試合連続PK献上。
ACLはファールではなかったとは思いますが、両方で共通の部分が2つ。

判断が遅い事。

ACLではパス出しが遅く、ラミレスに詰められた。
柏戦はひとつ前のプレーでファールと判断したのか相手についていくのが遅くファールへ。

この部分、前々から彼の短所だなぁと思ってたので
今後拳人が改善していけるのか注目していきたいですね。

Pocket

もう追うのはやめた。

ちょっと前の話になってしまいますが。
僕が大好きな(ネタとして)長谷川アーリア ジャスールくん。

複数のチームからオファーがあると書かれておきながらJ開幕時はフリーの身。

そんな彼が、チョウさん率いる湘南へ入団したようです。
BMWでお会いできるようですね。

落ち着いた彼など全く興味がないのでw
今後彼の動向を追うことやめようと思います。wwww

2016-04-02-22.32.15

Pocket